不動産投資お役立ち情報

不動産の証券化について

不動産証券化とは、その不動産が生み出す収益(運用益・売却益)を担保に、証券を発行することです。その目的は不動産の購入や保有する場合に、投資企業や金融機関、市場などから資金を調達することです。また、バランスシート上の保有資産を特別目的会社(SPC)または、特定目的会社(TMK)に移すことで自己資本比率の向上や借入金減額も可能になります。

特別目的会社(SPC)
オリジネーター(開発業者や原資産保有者)に代わる土地や建物の購入・建物の建設やオリジネーターからの資産買取、資金調達の為の証券や社債発行、投資家への収益の分配といった特別な目的の為に設立される会社で不動産流動化手法の一つです。
特定目的会社(TMK)
資産の流動化に関する法律(SPC法)に基づいて資産の流動化業務を行うためだけに設立された特別な社団法人のことです。

不動産証券化のメリット

不動産を小口の証券に分割することで、これまでと違って多くの一般投資家や個人での投資が可能になりました。特に投資家にとっては新たな投資対象としての魅力が増し、物件の賃料を配当の原資とするため長期にわたって安定した投資ができます。

証券の種類

不動産の債権を証券化し、投資対象の家賃収入などで利益を分配する「デット型」と不動産の所有権を証券化し株式などで構成される「エクイティ型」があります。

証券の種類 特徴
デット型 確定した利回り(インカムゲイン※)から収益を得るため、ハイリターンは望めないものの、元本割れのない安定した証券です。
エクイティ型 投資対象不動産の価値によって大きな利益(キャピタルゲイン※)得られる可能性があるかわりに元本の保証がない証券です。

当社はコンプライアンスを厳守し、個人情報保護の徹底に努めています。不動産運用のご相談や売却など、ご安心してご相談ください。